HOME > ペットの飼い方 トップ(犬の飼い方編)
神戸エリアの動物病院情報
ペットの症状別診断[神戸エリアのペット情報.com]
神戸エリアのペットショップ情報
神戸エリアのペットグッズ情報
神戸エリアのペット美容院情報
神戸エリアのペットホテル情報
神戸エリアのペット(犬・dog)しつけ教室・訓練所情報
神戸エリアのドッグカフェ情報
神戸エリアのドックラン情報
資格・学校[神戸エリアのペット情報.com]
ペット保険[神戸エリアのペット情報.com]
便利サービス[神戸エリアのペット情報.com]
ペットの飼い方[神戸エリアのペット情報.com]
ペットセレモニー[神戸エリアのペット情報.com]
ペットと泊まれる宿[神戸エリアのペット情報.com]
ペットブログリンク[神戸エリアのペット情報.com]
お役立ちリンク[神戸エリアのペット情報.com]

社員犬チャオの業務日誌
王子動物園コアラサポーター
犬の十戒(犬の飼い主の十戒)ページへ
プライバシーマーク



飼う前の準備やペット選びのポイント、飼い始めてからのしつけ方法などをご紹介します。
ペットのことをよりよく知って、楽しく過ごしましょう!
  • 犬の飼い方
  • 猫の飼い方

犬の飼い方

お手入れ

愛犬の健康を守る為にも、日常のお手入れは欠かせません。お手入れは、愛犬とのスキンシップを深めるだけでなく、病気を予防したり、体の異変を見つける健康チェックという大切な役割を果たします。

目の周り
目のまわりはいつも清潔にしてしてあげましょう。目ヤニや涙が出ていたら、ぬるま湯に浸したガーゼや脱脂綿で拭いてあげると良いでしょう。放っておくと眼病の原因になります。目ヤニがひどい時は、獣医さんに相談することをお勧めします。

犬の目のイラスト

歯磨き
食べカスや汚れをそのままにすると、口臭や歯周病の原因になります。指にガーゼを巻いて歯磨きと歯茎のマッサージをしてあげましょう。 また、歯石がついてしまった場合は、早めに獣医さんでとってもらうと良いでしょう。

歯ブラシと歯磨き粉のイラスト

耳そうじ
耳アカやよごれは、悪臭や細菌、耳ダニの発生や外耳炎などの病気を引き起こします。特に垂れ耳の犬は要注意。お手入れを小まめにしてあげましょう。脱脂綿を巻いた綿棒をイアーローションで湿らせて拭きとります。また、シャンプー後は、乾いた綿棒で水分をふき取りましょう。悪臭がしたり、耳垢が黒い、ただれているなどの異常を見つけた時は、すぐに獣医さんに相談しましょう。

耳かきのイラスト

ブラッシング
ブラッシングには毛の汚れを落とし、古い毛を取り除くだけでなく、皮膚の新陳代謝を促進させる効果もあります。特に毛の長い犬は頻繁にブラッシングをしてあげましょう。ブラシやコームは用途に合わせてペットショップで購入すると良いでしょう。また、ペット美容室を上手に利用するのもよいでしょう。

ブラシと櫛のイラスト

シャンプー
シャンプーは、汚れを落とすだけでなく、皮膚病やノミ、ダニなどの寄生虫の駆除にも効果を発揮します。しかし、シャンプーが嫌いな犬が多いことも確かです。ストレスを与えない為にも、事前にブラッシングを行い、タオルやドライヤーを用意しておくなど、手早く済ませてあげられるようにしましょう。また、シャンプー・リンスは犬専用の物を使い、夏はぬるま湯より少し低め、冬はぬるま湯より少し高めのお湯で洗ってあげましょう。最後は皮膚まで良く乾かしてあげることが大切です。

シャンプーのイラスト

爪が伸びすぎると、肉球に食い込むなどのトラブルにつながります。小まめにチェックしてあげましょう。まずは、犬の手のひらを押さえて爪を押し出します。犬用の爪切りを用意し、深爪しないように慎重に切りましょう。犬の爪には血管が通っていて、深く切り過ぎると出血してしまいます。止血剤を塗れば問題ありませんが、切りすぎには注意しましょう。

爪切りのイラスト

このページのトップへ