HOME > ペットの飼い方 トップ(犬の飼い方編)
神戸エリアの動物病院情報
ペットの症状別診断[神戸エリアのペット情報.com]
神戸エリアのペットショップ情報
神戸エリアのペットグッズ情報
神戸エリアのペット美容院情報
神戸エリアのペットホテル情報
神戸エリアのペット(犬・dog)しつけ教室・訓練所情報
神戸エリアのドッグカフェ情報
神戸エリアのドックラン情報
資格・学校[神戸エリアのペット情報.com]
ペット保険[神戸エリアのペット情報.com]
便利サービス[神戸エリアのペット情報.com]
ペットの飼い方[神戸エリアのペット情報.com]
ペットセレモニー[神戸エリアのペット情報.com]
ペットと泊まれる宿[神戸エリアのペット情報.com]
ペットブログリンク[神戸エリアのペット情報.com]
お役立ちリンク[神戸エリアのペット情報.com]

社員犬チャオの業務日誌
王子動物園コアラサポーター
犬の十戒(犬の飼い主の十戒)ページへ
プライバシーマーク



飼う前の準備やペット選びのポイント、飼い始めてからのしつけ方法などをご紹介します。
ペットのことをよりよく知って、楽しく過ごしましょう!
  • 犬の飼い方
  • 猫の飼い方

犬の飼い方

飼い主の責任

犬を飼うと、様々な飼い主としての責任も生じます。予防接種など法律で義務付けられていることもありますので、きちんと把握しておきましょう。

蓄犬登録 ・予防接種
生後90日が過ぎたら、30日以内に保健所で蓄犬登録することが義務付けられています。忘れずに登録しましょう。また、狂犬病の予防接種が毎年1回4月にあり、これも法律で義務付けられています。蓄犬登録してあると予防接種の通知が送られてきます。必ず受けさせましょう。

保健所カウンターのイラスト

去勢・避妊手術
繁殖させるつもりがない犬には、去勢、避妊手術を行うのも飼い主の責任です。手術をすると肥満になりがちになったりとデメリットもありますが、オスは「前立腺や精巣の病気にかかりにくくなったり、攻撃性が抑えられ温和になる」 メスは「子宮や乳がんの病気の予防が出来る」などのメリットもあります。また、手術を行うと、オスもメスも一般的に長生きする確立が高くなると言われています。手術は5〜6ヶ月頃からできるようになりますが、獣医さんとよく相談して決めることが大切です。

散歩をする犬と飼い主のイラスト

このページのトップへ