HOME > ペットの飼い方 トップ(犬の飼い方編)
神戸エリアの動物病院情報
ペットの症状別診断[神戸エリアのペット情報.com]
神戸エリアのペットショップ情報
神戸エリアのペットグッズ情報
神戸エリアのペット美容院情報
神戸エリアのペットホテル情報
神戸エリアのペット(犬・dog)しつけ教室・訓練所情報
神戸エリアのドッグカフェ情報
神戸エリアのドックラン情報
資格・学校[神戸エリアのペット情報.com]
ペット保険[神戸エリアのペット情報.com]
便利サービス[神戸エリアのペット情報.com]
ペットの飼い方[神戸エリアのペット情報.com]
ペットセレモニー[神戸エリアのペット情報.com]
ペットと泊まれる宿[神戸エリアのペット情報.com]
ペットブログリンク[神戸エリアのペット情報.com]
お役立ちリンク[神戸エリアのペット情報.com]

社員犬チャオの業務日誌
王子動物園コアラサポーター
犬の十戒(犬の飼い主の十戒)ページへ
プライバシーマーク



飼う前の準備やペット選びのポイント、飼い始めてからのしつけ方法などをご紹介します。
ペットのことをよりよく知って、楽しく過ごしましょう!

  • 犬の飼い方
  • 猫の飼い方

犬の飼い方

しつけの方法

犬との生活を楽しむ上で「しつけ」は必要不可欠です。上下関係・主従関係をはっきりさせることは、人間にとってだけでなく、犬にとっても安心して楽しく暮らす為の重要な要素なのです。本格的なしつけは生後2ヶ月〜4ヶ月頃に始めるのが良いでしょう。それまでは、優しく触ったり、トイレの場所を教えるなど、基本的なことをゆっくり優しく教えてあげましょう。触れられることに慣らしておくと、その後のしつけが楽になります。

犬のイラスト

トイレ
トイレのしつけは一般的に6ヶ月〜8ヶ月ほどかかります。あせらずに心にゆとりを持って取り組みましょう。最初はトイレに連れて行き、「トイレ」と声をかけながら排泄を促します。排泄したらきちんと誉めてあげることで、「トイレ」の言葉を覚えていきます。最初は失敗しても叱ってはいけません。叱ることは恐怖心を植え付け、隠れて排泄するようになる場合もあります。トイレの場所をきちんと覚えた後、トイレ以外で排泄した時は、短い言葉で叱りましょう。しかし、排泄の途中でなくては意味がありません。後で排泄物を前に叱っても、犬には理解できず、混乱させるだけになります。
散歩
生後4ヶ月程たったら、散歩に行くことができます。
外には刺激がたくさんあります。思わぬトラブルを起こさない為にも、犬が飼い主に従って行動するようにしつけておきましょう。散歩デビューの数日前から、室内でリードをつけ慣れさせておきましょう。まずは天気のいい日に5分位の散歩から始めます。徐々に時間を長くし、生後8ヶ月を過ぎたら1日2回、20〜30分程度の散歩をしてあげましょう。リードはゆったり持ち、犬が飼い主の左側を歩くようにします。好きな場所に行ってしまったり、他の犬に反応するなど勝手な行動はやめさせましょう。そのかわり他の人の迷惑にならない公園や広場では、出来るだけ自由に遊ばせてあげるといいでしょう。
食事
食事のしつけでは、待つことと行儀よくすることを教えます。飼い主の「ヨシ」の声で食べるようにしましょう。まずはえさの入った食器を見せながら「ゴハン」と呼びかけた後、「スワレ」の声で行儀よく座らせます。下に置いた食器の前に手を出し「マテ」と遮ります。この時、必要以上にじらすようなことはやめましょう。上手く出来たら「ヨシ」の号令でえさを食べさせます。食事中に遊び始めたら食器を片付けてしまうなどして、行儀よく、集中して食べることを覚えさせましょう。
スワレ
「スワレ(お座り)」を覚えさせるにはリードを使います。リードを引きながら「スワレ」と声をかけ、お尻を軽く押して座らせます。これを繰り返し行うことで、最終的にはリードを引いたり、お尻を押すことなく「スワレ」ができるようになります。上手に出来たら、きちんと誉めてあげましょう。
マテ
「マテ」は動いてはいけない時の命令で、様々な場面で役立ちます。「スワレ」の状態で手のひらを犬の鼻の前に出し、「マテ」と声をかけます。犬の目を見ながら徐々に後ろに下がりましょう。動いてしまったら、もう一度「マテ」と命令し元の場所に戻してやります。何度か繰り返し、距離を伸ばしていきましょう。上手く出来たら、きちんと誉めてあげることが大切です。
コイ
「コイ」と呼びかけることで、犬が飼い主の元に来るように教えます。長めのリードで犬を自由にさせた状態から「コイ」と命じましょう。同時にリードを少し引っ張り、こちらに来るように誘導します。犬が来たら十分誉めてあげましょう。繰り返し練習しながら、少しずつ距離を広げていきましょう。
ハウス
ハウスの扉を開けておき、「ハウス」と声をかけながら、おもちゃやおやつで誘導します。 中に入ったら、「スワレ」「マテ」と命じ、おとなしく言う事を聞いたら誉めてあげましょう。犬にとってハウスが快適な場所であることも大切です。清潔で快適な環境を作ってあげましょう。また食事をハウスの中で与えるのも効果的です。
このページのトップへ