HOME > 症状別診断トップ
神戸エリアの動物病院情報
ペットの症状別診断[神戸エリアのペット情報.com]
神戸エリアのペットショップ情報
神戸エリアのペットグッズ情報
神戸エリアのペット美容院情報
神戸エリアのペットホテル情報
神戸エリアのペット(犬・dog)しつけ教室・訓練所情報
神戸エリアのドッグカフェ情報
神戸エリアのドックラン情報
資格・学校[神戸エリアのペット情報.com]
ペット保険[神戸エリアのペット情報.com]
便利サービス[神戸エリアのペット情報.com]
ペットの飼い方[神戸エリアのペット情報.com]
ペットセレモニー[神戸エリアのペット情報.com]
ペットと泊まれる宿[神戸エリアのペット情報.com]
ペットブログリンク[神戸エリアのペット情報.com]
お役立ちリンク[神戸エリアのペット情報.com]

社員犬チャオの業務日誌
王子動物園コアラサポーター
犬の十戒(犬の飼い主の十戒)ページへ
プライバシーマーク



愛犬のこんな症状でお悩みではないですか?大切なペットだからこそ、体のことも良く知っておきましょう!
※こちらに掲載している内容は、ケガや病気などの症状として一般的な例を掲載しています。
  実際のペットの症状について心配な方は、お近くの獣医師など専門家にご相談ください。

足跡マーク事故・けが

動物は言葉を話すことが出来ません。
日ごろからペットをよく観察し、些細な体の変化に出来るだけ早く気づいてあげることが重要です。ここではいくつかの症例を挙げていますが、普段と少しでも様子が違うようであれば、早めに病院に連れて行くなどしましょう。

犬のイラスト

爪切りで皮膚も切ってしまった
散歩に行くことで、犬の爪はちょうどいい長さに削れていきます。爪が伸びていると足を引っ掛けて骨折することもあります。犬用の爪きりが市販されているのでちょうどいい長さかを確認しましょう。思わず、刃先が皮膚を傷つけた場合、まずは消毒して下さい。出血したときは、タオルなどで圧迫し、血を止めて下さい。あまりにも深い傷のときには、病院へ行きましょう。
爪がはがれてしまった
人間と同じように爪がはがれるととても痛がるので、よく観察して気を付けて下さい。特にあまり散歩に行かない犬や室内犬は、爪が環境に応じて削れていないということがありますので、注意が必要になります。血が出ることもありますので、落ち着き対処しましょう。傷口を放っておくと化膿することもあります。 市販の止血パウダーなどを使い、また完全に折れていない爪は放っておくのではなく、爪切りを使いましょう。ただ、いきなり爪に触ろうとすると嫌がるので、気を付けて下さい。
電気コードを咬んで感電した
コードをかじったら、まず離しましょう。いつもと変わらない落ち着きがあれば、大丈夫です。 コンセントにささったままのコードの場合、口の中を火傷したり、呼吸困難に陥ることもあります。呼吸の状態を確認して、息をしているか心臓が動いているかに注意してください。すぐに判断するのではなく、2〜3日は、呼吸の状態に注意しましょう。
粘着シートが、くっついてしまった
犬は全身が毛に覆われているため粘着性のものはくっつきやすいです。特にかゆみや不快感があれば、傷をつくることもあります。 粘着性のあるものは犬の届きやすいところには置かないようにしましょう。のりや接着剤のニオイのきついものもおなじように周囲から離しましょう。興味を持つことがあります。
ハチに刺された
ハチは針に毒を持っているので、刺されると腫れて痛むだけでなく、アレルギー反応を起こす場合があります。 またミツバチの針は抜かないと傷口から化膿するおそれもあります。散歩中に多い事故ですが、あわてずに、病院へ行って早めの治療をしましょう。
ヘビに咬まれた
ヘビにかまれると、無毒のヘビでも傷口から雑菌が入る可能性があります。毒ヘビだと、毒の作用による痛みや腫れのほかに発熱、嘔吐、下痢、けいれんなどの症状を起こすことがあります。タオルやハンカチで、傷口から心臓に近いほうをしばって下さい。傷口を直接触ったりせずに病院へ行きましょう。
このページのトップへ