HOME > 症状別診断トップ
神戸エリアの動物病院情報
ペットの症状別診断[神戸エリアのペット情報.com]
神戸エリアのペットショップ情報
神戸エリアのペットグッズ情報
神戸エリアのペット美容院情報
神戸エリアのペットホテル情報
神戸エリアのペット(犬・dog)しつけ教室・訓練所情報
神戸エリアのドッグカフェ情報
神戸エリアのドックラン情報
資格・学校[神戸エリアのペット情報.com]
ペット保険[神戸エリアのペット情報.com]
便利サービス[神戸エリアのペット情報.com]
ペットの飼い方[神戸エリアのペット情報.com]
ペットセレモニー[神戸エリアのペット情報.com]
ペットと泊まれる宿[神戸エリアのペット情報.com]
ペットブログリンク[神戸エリアのペット情報.com]
お役立ちリンク[神戸エリアのペット情報.com]

社員犬チャオの業務日誌
王子動物園コアラサポーター
犬の十戒(犬の飼い主の十戒)ページへ
プライバシーマーク



愛犬のこんな症状でお悩みではないですか?大切なペットだからこそ、体のことも良く知っておきましょう!
※こちらに掲載している内容は、ケガや病気などの症状として一般的な例を掲載しています。
  実際のペットの症状について心配な方は、お近くの獣医師など専門家にご相談ください。

足跡マーク目・耳の異常

動物は言葉を話すことが出来ません。
日ごろからペットをよく観察し、些細な体の変化に出来るだけ早く気づいてあげることが重要です。ここではいくつかの症例を挙げていますが、普段と少しでも様子が違うようであれば、早めに病院に連れて行くなどしましょう。

犬のイラスト

涙目になったり目やにが出る
何らかの原因があって、目をいじることで、結膜炎、角膜炎などの病気にかかることがあります。犬は目に入るホコリやゴミを前足でしか取ることができません。が、元々、衛生的でないため目の周りで炎症を起こしやすくなります。軽度のものでしたら、目薬を使うことで治ります。 また1度治った場合でも強い風を受けたり、乾燥した季節になると涙も出やすくなるので、再発のおそれもあります。その場合は、手術するのがよいでしょう。
目が白く濁っている
黒目が白みがかってきたら、白内障のおそれがあります。 その他、眼球が炎症を起こし進行していくと角膜潰瘍なども考えられます。進行すると視力低下とともに緑内障も併発する可能性があります。目薬もしくは手術での対応となりますが、いずれにしても早期発見が大事です。結膜炎、角膜炎の症状があり、目の周りを気にしている様子があれば、ペンライトや懐中電灯などで目をよく見てあげましょう。
白目が黄色い
歯茎や白目が黄色っぽくなる黄だんは、貧血、肝臓疾患などがもとで見られる症状です。あくまでも症状のひとつなので、黄だんがあらわれると下痢や便秘をくりかえします。ほんの少しでもおかしなところがあれば、早めに病院に連れて行きましょう。 黄だんは、肝臓、血液の病気の重要なサインです。日頃からチェックしましょう。根本的な原因が解決されれば、黄だんは消えます。
シャンプーで目が赤くなった
犬にシャンプーしてあげることはとてもいいことですが、犬の目はとてもデリケートなので、じゅうぶん注意しましょう。シャンプー液や汚れた水が目に入ると結膜炎、角膜炎にかかるおそれがあります。 目の周りを洗うとき、水を流すときは、シャワーをじかに当てるのではなく、目に入らないように、手に水をすくってぬぐうようにしましょう。そのときは、犬の顔をしっかり押さえて慎重にしてあげてください。特に体調がよい日でも、目やにや涙目のときは、シャンプーは控えたほうがいいでしょう。
耳が腫れている
耳をひんぱんにひっかくなど、耳を気にするしぐさを見つけたら、外耳道炎や耳介の皮膚炎などが考えられます。耳介全体をよく手で触ってみることで、血がたまった袋状のハレを見つけることができます。耳介とは、立ち耳、たれ耳など、いわゆる耳の外側のことで、この部分がハレると耳血種という病気になります、耳の内出血と考えて下さい。 耳血種になると、耳介に血がたまりやすくなってしまいます。放っておくと血のたまる量が増えて、範囲も広がりどんどん大きくなってしまいます。完治するまで治療し、犬がさらに耳をかかないように注意することが大事です。子犬のうちに、耳そうじになれさせることが予防になります。
このページのトップへ