HOME > 症状別診断トップ
神戸エリアの動物病院情報
ペットの症状別診断[神戸エリアのペット情報.com]
神戸エリアのペットショップ情報
神戸エリアのペットグッズ情報
神戸エリアのペット美容院情報
神戸エリアのペットホテル情報
神戸エリアのペット(犬・dog)しつけ教室・訓練所情報
神戸エリアのドッグカフェ情報
神戸エリアのドックラン情報
資格・学校[神戸エリアのペット情報.com]
ペット保険[神戸エリアのペット情報.com]
便利サービス[神戸エリアのペット情報.com]
ペットの飼い方[神戸エリアのペット情報.com]
ペットセレモニー[神戸エリアのペット情報.com]
ペットと泊まれる宿[神戸エリアのペット情報.com]
ペットブログリンク[神戸エリアのペット情報.com]
お役立ちリンク[神戸エリアのペット情報.com]

社員犬チャオの業務日誌
王子動物園コアラサポーター
犬の十戒(犬の飼い主の十戒)ページへ
プライバシーマーク



愛犬のこんな症状でお悩みではないですか?大切なペットだからこそ、体のことも良く知っておきましょう!
※こちらに掲載している内容は、ケガや病気などの症状として一般的な例を掲載しています。
  実際のペットの症状について心配な方は、お近くの獣医師など専門家にご相談ください。

足跡マーク消化器系

動物は言葉を話すことが出来ません。
日ごろからペットをよく観察し、些細な体の変化に出来るだけ早く気づいてあげることが重要です。ここではいくつかの症例を挙げていますが、普段と少しでも様子が違うようであれば、早めに病院に連れて行くなどしましょう。

犬のイラスト

吐いた
犬の正常な行動として、草を食べて胃液を吐くことがあります。こういう時は、胃の中に毛球ができていたり、軽度の胃炎の状態にある場合が多いと言えます。吐いた後に、犬の毛が混じっていないか、ご飯の食べ具合はどうか、観察して下さい。 また、嘔吐がひどく、病院に連れて行くときには、吐いたものも持っていくか、もっていけないときは、くわしくその状態を観察して獣医師に知らせてください。
下痢をした
子犬は成犬と比べ、胃腸の機能が発達してないため、ひんぱんに下痢をすることがあります。寄生虫や細菌によるものまたストレスによるもので、原因はさまざまありますが、ご飯が食べられなくなり、脱水症状に陥ります。 なるべく消化を助ける食べ物を与えたり、様子を見ましょう。
便秘している
ウンチが出ないのは便秘だけじゃないんですが、考えられるのは腸の病気のほか神経性の問題もあります。食欲がなくなり、吐くこともあります。単純な便秘の場合、薬で治ります。 しかし、腸の病気などの場合、まず手術が必要になります。日頃から、ウンチの観察を怠らないことが大事です。ご飯や飲み水の量が少なくなってきたら、ひとつのサインです。獣医と相談して最善の方法をとりましょう。
オシッコが出にくい
おしっこをしようとしても出ないときは、膀胱や尿道に障害があると考えられます。明らかに少ない量と感じたら、要注意です。膀胱や尿道に結石が詰まったりすると出にくくなります。 また高齢のオスは前立腺が大きくなり同じように尿道を圧迫されます。膀胱や腎臓で炎症があったり、腫瘍ができている可能性もあります。 おしっこが全く出なくなったら、すぐに病院へ連れて行きましょう。出が悪くなるような状態であれば、ペットボトルのような容器に入れてかかりつけの獣医に相談しましょう。おなかをさわって、おなかがパンパンであれば、注意してください。
血尿だ
血尿が出たら、病気のサインです。日頃から、おしっこに気を付け、よく観察しましょう。血尿は、腎臓のあたりを強く打ったときに出やすくなります。 またメスは生理中、子宮内膜炎、子宮蓄膿症などによって、血尿が出ることがあります。獣医とよく相談しましょう。生理がいつまでも終わらない、などの生理不順の場合、子宮蓄膿症の疑いがあります。
ウンチに血が混じっている
血の混じる便が出たときは、ウイルスによるものと腸の病気とにわけられます。どのような状態で血が混ざるのかということで、判断します。通常は、下痢に混ざるものですが、正常なウンチにも血がついてくることがあります。 まず、原因を見つけることが重要です。検便、出たウンチをそのまま病院に持って行くとよいでしょう。肛門の周りが傷ついているとも考えられますが、ウイルス性の場合は、要注意です。特に出血前でもゆるいウンチが出始めたら、検査してみるのもよいでしょう。
ウンチに虫がいた
犬にはいろいろな種類の虫が寄生します。ウンチから出て虫がいることを確認できる場合は、よいですが、ほとんどは体内から出ることはありません。害虫がいるなと感じたときは、できるだけ早く、虫くだしをしましょう。 特に体内に虫がいる場合は、ほかの病気にもかかりやすいので、注意が要ります。卵だけの状態では、ききませんので、卵からかえったころを見計らって、再度虫下しを使うといいでしょう。
ウンチが白い
寄生虫の一種で瓜実条虫が出たときの症状として、虫の体の一部がウンチの中に排出されるので、肉眼で見つけることができます。ウンチの表面で、片節(虫の体の一部)という白もしくは、ピンク色をしたものが出ます。 便は普通の状態のことが多いですが、こうもんのまわりに白いゴマ状の乾燥した虫がついていることがあります。
オシッコ・ウンチをあちこちでしてしまう
今までは適当な場所でできていたものが、ところかまわず不適切な場所でしてしまう。こんなときは、精神的なものと考えられます。単純に犬だけでなく人間にも関わるいろいろな病気の感染源となり、感染症の広がるおそれがあるので、しっかりとしつけるようにしましょう。 基本的に精神的なものなので、薬物より行動で対処していきましょう。犬はさみしくて、かまってもらいたいというわざとの行動からというのが多いので、この愛情を適切なものとして、飼い主さんとよい関係を築いていきましょう。
お腹がふくらんできた
エサの量に変化がないのにお腹だけが妙に張ってきた時には、お腹の中に液体がたまる腹水の可能性があります。腹水により気管が圧迫され、呼吸が苦しそうになったときには、急いで動物病院の診察を受け、腹水を取り除かなければなりません。 原因となっている病気を治療して、さらに腹水を軽減する治療も施す必要があります。 腹水は、初期のころにはほとんど外見上には変化がなく、見つけるのが難しいですが、日ごろの微妙な変化に気を配ってあげましょう。また、大型犬の場合は、胃や腸の捻転、腸閉塞といった生命に関わる病気の場合もありますので、十分注意しましょう。
このページのトップへ